稼げるエンジニアを目指す!

キーワードは言語

システムエンジニアの勤務の厳しさと年収

IT業界においてプログラマと並んで最先端で活動することになるシステムエンジニアはその仕事内容が幅広いことに加えて激務を担わなければならないという面があります。その分、年収は比較的高い傾向があり、勤務し始めてから数年で平均して550万円程度まで引き上げられることも珍しくありません。

ただし、企業規模によっても大きく異なり、外資系の大手企業であれば700万円程度、中小企業となると450万円程度となるのが一般的な傾向にあります。いずれにしても同世代で比較すれば高い年収を得られるという面が強い傾向があることに変わりはありません。

こういった年収の高さには休日勤務への手当や残業手当の影響もあるため、激務であるゆえにその収入が大きくなっているということは事実です。しかし、同じ程度かそれ以上働くことによってより稼ぎたいと思う人もいます。

そういった人たちはフリーエンジニアとなることを望む傾向があります。そうすることによってシステムエンジニアとしてのキャリアを生かして数々の仕事をこなし、年収で1000万円程度まで持ちあげられるということもよく見られることです。これは企業に勤めている場合では、大企業でシステムエンジニアとして多くの成功を成し遂げたり、そういった成果をあげてきた結果としてプロジェクトマネージャーとなったりした極わずかな人たちのみが到達できる年収ではあるものの、到達が不可能な領域ではありません。

今回はフリーエンジニアとして高収入を得る方法を伝授します。【フリーエンジニア高額案件情報センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です